4情報にローマ字の追加 by 場が大事さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@02630

4情報にローマ字の追加

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
場が大事さん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
6ポイント

現在、住民基本台帳法上、読み仮名という項目はない。しかしながら、自治体の住基システムには、読み仮名が登録されている。これは、窓口でお呼びする場合やデータ上での並べ替えるなど業務上必要なため項目として存在している。
しかしながら、金融機関やクレジット等の登録等においては、フリガナもしくはローマ字の入力を求められるが、法律上の項目ではないため、住民票上に証明項目として記載されることはない。
この点を、逆手に取り、制度ごとに読み仮名を変えて登録している事例も存在する。これは、同一人物であるが、疑似的に他人のような振る舞いが可能となる可能性を意味している。
また、窓口においても実際にそのようなことをされている方の対応もしたことがある。
このようなことを避け、なりすましを徹底防止する意味から、法律上の項目として、読み(ローマ字)を追加するべきではないだろうか。

ページの先頭へ