アイデアの今後 by ryoさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@02652

アイデアの今後

カテゴリー
3.その他
寄稿者
ryoさん
投稿日時
コメント数
5コメント
評価P
11ポイント

デジタル改革とは直接関係のないアイデアかもしれません。すみません。

アイデアBOXにたくさんの投稿があり、また、平井大臣を交えた対談も行われています。
ここでのやり取りは、資料として今後、政府でどういう扱いになるのでしょうか。

規約ではコンセプトやアイデアは基本的にパブリックドメインとなるようですが、一方で、このアイデアBOX内すべての投稿や大臣との対談の内容は、今後どのようにデジタル庁の所管資料として形成されるのでしょうか?(されないのでしょうか?、削除されるのでしょうか?)

と言いますのも、デジタル庁創設にあたり、前段階の一部であるこのアイデアBOXの内容を後世に残すことが大事だと思っています。
歴史的に重要な出来事、もしくは、過去の国会審議や行政活動の内容を国民が知ることができるのは、記録・資料が残っているからです。
後世の政治研究・歴史研究の発展やデジタル社会時代の子どもたちへの教育のことを考えて、デジタル化について当時の人たち(アカウントを登録している一部の国民ではありますが)が、どういう主義主張をしていたのか、それを受けて行政・政治がどう動いたのか?ということを後世に残す必要があると感じています。

デジタル庁創設となると、法令制定が必要となり国会で審議されると思いますが、その審議で例えば、「アイデアBOXのアイデアを活用した」という政府答弁があったとして、未来の人間がこの部分の国会審議記録を見られたとしても、アイデアBOXの記録が残っていないと一次史料(原典)に当たれないという事態になると思うのですが、、、。

デジタル改革のアイデアとは直接関係なく、デジタル庁の在り方は?のような内容になってしまいました。すみません。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ