デジタル庁のすべきは税金の使い道透明化改革! by 石黒猛雄さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@02692

デジタル庁のすべきは税金の使い道透明化改革!

カテゴリー
2.デジタル社会に関する意見
寄稿者
石黒猛雄さん
投稿日時
コメント数
9コメント
評価P
4ポイント

マイナンバー利活用拡大のアイデアが数多く出ておりますが、私は現時点では反対です。マイナンバーは,法律で定められた範囲以外での利用・提供が禁止されています。社会保障・税・災害対策の行政手続きに限り利用が認められています。

それは、それらの問題を解決することが最重要だから定められたのであり、一番大事な社会保障と税の問題解決さえ、全く解決しておらず、政府は国債で莫大な借金を続け、予算は毎年膨張し、年金の一部まで投資に注ぎ込んでいるのが現実です。このままなし崩し的に同じ繰り返しを続けても仕方がありません。

デジタル庁が最初に改革すべきは、まず、政治・府省庁・自治体の税金の使い道を連携明確化・透明化すること。その上で総理が国民に明確な説明をすることです。

その上で、マイナンバーカードの当初の利用目的である税と社会保障の関係性明確化の必要性を再説明し、国と国民が一緒に考えてこの問題を解決しないと大変になることを強く主張しなくてはいけません。

マイナンバーカードは利用を促進するべきです。しかし、本来の目的を忘れてはいけません。今のマイナンバーカードのCMを観ていると情けなくなります。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ