マイナンバー制度とエストニアのシステムについて by 石黒猛雄さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@02730

マイナンバー制度とエストニアのシステムについて

カテゴリー
2.デジタル社会に関する意見
寄稿者
石黒猛雄さん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
3ポイント

「日本がエストニアを見習って、電子政府になるにはどうしたらいいのだろうか?まずは、導入を推し進めるも普及率が2019年現在12.8%と依然低いままのマイナンバーカードの改善が必須と言える。そのためには国家が国民に対して、透明性向上が必要だ。国民全体も、マイナンバーカードが何のために発行されたのか、今後どのように活用していくかを理解して活用していかなくてはならない。」
(エストニアの電子政府とは。99%の行政サービスが電子化されている仕組みや特徴を解説より抜粋)
https://ampmedia.jp/201...estonia-administration/

つまり政府の透明性が確保され、国民の利活用目的に関する理解がないと、マイナンバー制度やエストニアのシステムを導入しても意味はないということ。

デジタル庁と国と国民が協力してやるべきこと

1.デジタル化による税の使い道の見える化 (政府の透明性確保)
2.デジタル化による徹底した政府コスト削減及び的確な費用再分配 (政府の透明性確保)
3.国と国民の協働による借金財政からの脱却 (国民と政府の共通目標の理解と協働)

このアイデアのタグ

ページの先頭へ