デジタル庁は国債発行の減少と最適予算配分をAI分析で行う準備を! by 石黒猛雄さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@02802

デジタル庁は国債発行の減少と最適予算配分をAI分析で行う準備を!

カテゴリー
2.デジタル社会に関する意見
寄稿者
石黒猛雄さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
1ポイント

本アイデアは、「デジタル庁のすべきは税金の使い道透明化改革!」「デジタル庁と国と国民が協力してやるべきこと」の発展形です。皆さんと意見交換したところ、日本の改善・推進すべき課題は多岐に渡り、下記はほんの一例に過ぎず、人間だけで最適に解決出来る範疇を超えています。政治家をサポートし、国債発行の減少と投資配分の優先順位明確化のために、AI分析の準備をデジタル庁は推進するべきです。すでに、電子行政手続・オープンデータ・各機関オープンAPI・マシンリーダブル・データブローカー等、各種情報連携基盤の整備は進行中ですので、可能と思われます。なお、民間企業では既にグローバルERP等の整備は行われています。

一方で、国民(人間)中心の社会とするために、AIの政府導入には様々な注意点があります。人権優先のAI法/恣意的な国民誘導へのAI使用禁止法の整備・個人情報保護法の再整備・徹底した情報公開(軍事機密を除く)/マシンリーダブルなレアデータ公開/マスコミや国民へのデータ公開の義務付け・AI調査機関として第三者機関の設置…等。
政府の場合は、民間企業とは異なり、たとえERPの設置であってもこれらの諸条件は必須となります。

日本の改善・推進すべき課題例)
借金の返済(国債発行の減少)、コロナ対策等医療体制の拡充、税と社会保障の関係性の明確化、高齢者医療費の削減、日銀の金融緩和や、投資誘導(世界経済に対応した株高・円安等への対応)、建設コストの見える化、人件費の効率化、オリパラ、観光、万博、箱物からオンラインワークへの移行。通信コスト削減、教育コストの削減、DXによる個人・企業隔たりのない新ビジネス創出。人口減少への対応、政府情報連携基盤や企業間情報連携基盤を活用したオープンデータ・ビッグデータを利活用したAIと人間が共創する新ビジネスの創造(スーパーシティ等)、ESGおよびSociety5.0 for SDGs等のサステナブルな技術開発及び投資転換、再生エネルギー導入促進、温室効果ガスの削減、最先端科学技術開発・・・more

このアイデアのタグ

ページの先頭へ