サイバーセキュリティ基本法改正に関して by 直江大和さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@02850

サイバーセキュリティ基本法改正に関して

カテゴリー
2.デジタル社会に関する意見
寄稿者
直江大和さん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
9ポイント

前回、サイバーセキュリティ庁の創設を提案させていただきました。デジタル庁を創設した際、マイナンバーをもとに個人に関するあらゆる機密情報が紐づけられていくと思います。その際、必要なのはサイバーセキュリティ庁ではないでしょうか。日本の敵対組織などがデジタル庁が管理する情報を狙い、サイバー攻撃を仕掛けることは、昨今各省庁、企業の機密情報をハッキングされている事件などで明白化と思われます。平井大臣は、IT基本法の改正に奮闘されているようですが、同時にサイバーセキュリティ基本法の改正も必要なのではないでしょうか。そこで必要になってくるのは、通信インフラのサイバー攻撃に対するサイバーセキュリティ庁の創設です。この提言は、2019年に高市総務大臣が、安倍総理大臣に提出した提言書(https://www.spf.org/glo.../20181029155951896.pdf)があります。ご一読いただきたく思います。もし、リンクを開くのが、セキュリティ上、厳しいのであれば、内閣府で検索をしていただければ、出てくると思います。日本は、現在IT分野で周回遅れをしています。しかし、安宅和人著「シン・ニホン」にて、日本がここからデジタル化に舵を切りなおせば、経済分野で波に乗れる企業がたくさん出てくると思います。無駄なコストを減らし、共通のプラットフォーム、標準化を図っていただければ、日本は、失われた20年を取り戻せるきっかけになると思います。ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ