携帯料金と固定回線の回線費用全額国費負担 by yamaさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@02908

携帯料金と固定回線の回線費用全額国費負担

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
yamaさん
投稿日時
コメント数
9コメント
評価P
2ポイント

菅総理は「携帯事業者は国民の共有の財産である電波を使っておりながらその料金は高止まりしている」と仰っていますが、インフラならば空気や水と同じような物であるから、国費を投入すべき。サービスや端末、ショップの固定費は民間事業者に負担してもらうとして、少なくとも土管にあたる回線費用の部分は国が持つべき。基地局や回線などの土管を全て国が買い取れば、各キャリアはその土管を使って多種多様なサービスや価格で勝負できる。今は各キャリアがそれぞれ土管も自前で持っているので安くしようにもできない。つまりMNOを廃止して大手にもMVNOになってもらう。固定回線に関しても、光ファイバー部分を全部国が買い取れば毎月のネット代も安くできるはずだ。単に安くしろと脅迫するのではなく、通信キャリアの固定費を軽減してあげる優しさも必要だと思う。

ページの先頭へ