(IoEを見据えて,)デジタル庁は「自律・分散・協調」型組織を目指して欲しい. by ∞さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@02927

(IoEを見据えて,)デジタル庁は「自律・分散・協調」型組織を目指して欲しい.

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
さん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
3ポイント

公的機関であるデジタル庁の(スケールの柔軟性も持つ)「自律・分散・協調」型組織論を展開する自分の考え方と近い概念を上手くまとめた記事を偶然に見つけましたので,(2年前の民間企業の組織論の記事ではありますが,)こちらのボックスに投稿しておいてみます.

https://toyokeizai.net/...es/amp/233921?display=b

記事中の図の通り,デジタル庁の監督機能や権力集中は不要であって,IoEを見据えた「ツナガリ支援」を主な役目としなければ創設を成功へと導くことは難儀となると考えています.東に針路をとるか西に針路をとるかによって結果に大差が生じるように,国民の命運のかかるプロジェクトの足跡が輝かしいものになるか否かは,国民の安心・安全を一時も忘れずに,純粋に日本の未来に貢献するコンセプトを描き切って,それに沿いながらブレずにやり通すことができるかどうかにかかっているといっても過言ではない筈です.

>…インターネットの本質は、「自律」「分散」「協調」であり、従属関係はどこにもありません。自律した個々の「ノード」が分散し、協調することで世界に唯一のインターネットを形成しています。だから、「an internet」ではなく「the internet」なのです。

…インターネットは、世界を一新しました。インターネットは、分散型です。ネットワークに接続された各ノードは完全分散型で、どこにも集中局がありません。

…インターネットアーキテクチャの基本原理は次のようなものです(RFC1958 [Architectural Principles of the Internet] Brian Carpenter)。

●一カ所に障害が発生しても全体に障害が及ばない
●コネクションレス(電話のように加入回線間の接続手順はなく、いきなり送れる)
●ネットワーク内では必要最低限の状態情報しか維持しない
●End to End制御(中間のノードは制御に関与しない)
●ユーザーがアプリケーション、サービスの選択を制御できる(何に使うかは限定しない)

…組織や取引形態そのものをインターネット時代に合致したものに変えていく、つまり、組織そのものを従来の「ピラミッド型組織」から「自律・分散・協調型組織」につくり変えることが、日本企業にとっては急務となります。

ページの先頭へ