「悪人説」を基本にデータ戦略を考えていただきたい by nontako3さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@02975

「悪人説」を基本にデータ戦略を考えていただきたい

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
nontako3さん
投稿日時
コメント数
4コメント
評価P
9ポイント

今の日本人の倫理観は世界的にも誇れるものと思いますが、「善人説」が前提のような法制度や「道徳」という儒教的な考えでの民法が、未だに法曹界を占めている現状は、グローバル化したこの時代についていけるのでしょうか。

歎異抄に「善人意識」というのがありますが、善人意識の人とは現代流に言えば、理想主義の人のことです。

日本以外の国は基本的に悪人説が当たり前ですが、日本だけがいつ頃からか善人説なのです。
まるでバカのように他人をまず信じろと教育している。
だから治安の悪い国から来た人は皆、日本は天国だという。しかし、そんな日本は他国からすれば、良いカモなのです。
外国人によるいろいろな事件がそれを証明しています。外国人が悪いと言ってしまえばそれまでですが、行っている外国人からすれば、何がいけないと思ってしまうのは、それがグローバルスタンダードだからです。
日本人の倫理観がこのグローバルスタンダードになじんでしまうのは悲しいことですが、
「デジタル化」のデータ戦略は、この犯罪の「グローバルスタンダード」を忘れていては、世界の良いカモにしかすぎません。

是非とも、「悪人説」を基本にデータ戦略を考えていただきたいと思います。
「データ戦略タスクフォース」の内容を拝見しましたが、基本的に、「悪人説」が入っていないように思いました。

ページの先頭へ