e-Govでの法令の条文表示 by 零細企業の中年従業員さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@02980

e-Govでの法令の条文表示

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
零細企業の中年従業員さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
3ポイント

法曹の専門家ではない一般市民が法令の条文を「見やすい」かつ「読みやすい」ように次の3点を提案したい。

【提案1 ; 漢数字を使わない】
例えば「会社法第三百七十一条第二項第一号」ではなく「会社法第371条第2項第1号」のようにいわゆるアラビア数字にしていただいた方が、いちいち「さんびゃくななじゅういち」と読まなくても「371」と視認できますし、検索性にも優れています。(上記例の条項は単に適当に用いただけです)

【提案2 ; ワードの箇条書き機能による「ツリー構造」化」
Microsoftの「Word(.docx)」にある「箇条書き」機能のように、「横書きの左端がレベルごとに揃っている」ようにすると「条」、「項」、「号」、「号の下のイロハ・・・」などの「レベル」を考えるまでもなく視認できます。
現状は、小学校の国語の授業のように「段落の始めは1文字あける」ようになっていてツリー構造にはなっていないと思います。

【提案3 ; 各条文の間はせめて1行程度は空けるべき】
前条の最後尾(最後の行)と次の条の見出しとの間に行間の空きがないので、視認性が著しく劣ります。
いわば、Eメールで改行、段落空けを一切していないようなものだと思います。

ページの先頭へ