全角英数字と半角カタカナの緩和 by Ojisanさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@02995

全角英数字と半角カタカナの緩和

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
Ojisanさん
投稿日時
コメント数
8コメント
評価P
9ポイント

Webフォームに対する全角英数字と半角カタカナのガイドライン作成を要望

一般生活者の意見です。

役所や銀行などの申し込みWebフォームを中心に全角英数字や半角カタカナなどの入力箇所があることが多く今後老若男女が利用するインターネット技術を用いた社会を構築するにあたり足かせになると考えております。

半角カタカナなどには、通信容量を小さくしたり主記憶装置への保存容量を小さくする意味があり、全角英数字には文書のレイアウトを整えるなどの意味合いがあると思われますが、①通信スピードも記憶装置の保存に係る費用も文字コードが開発された当時と比べ劇的に発展しており今や、全角英数字で文字を均等に入力する程度の価値しか思い浮かびません。

また、近年ではスマホなど文字コードを操作しがたい機器からの入力も増えている点、Webサイトでは一般的に流通しているJavaScriptなどを用いて簡単に役所や企業に要件に合わせた文字コードに変換できる点などを鑑み、ユーザーがウェブフォームなどに文字を入力する際の文字コード(全角・半角など)の入力規則制限の撤廃をガイドラインとして出していただきたい。

役所や銀行をはじめとした企業のDBに入力する際のデータ形式を入力側である一般市民に求めるのは社会的コストが増加するのみならず、スマートフォンをはじめとしたシステムの利用などとの親和性も落ち結果的に不合理なものであると思います。

ぜひご検討をお願いします。

ページの先頭へ