全ての職種に障がい者雇用を強化して欲しい。(テレワークだけで無く) 補助金を頼らず by のび太さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@03010

全ての職種に障がい者雇用を強化して欲しい。(テレワークだけで無く) 補助金を頼らず

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
のび太さん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
6ポイント

前回は、テレワーク&在宅勤務のITがメインでしたが
今回は、人手不足や賃金の安さで働く人が減っている。全ての職種
A型事業所だとハローワークや補助金を頼りです。定員がいっぱいで取らない。計画相談員確保困難です。
行政や役所などの規制、基準の壁で泣き寝入りです。
良い人材等が失う 引きこもりになる。


身体障がい者は取るが精神障がい者&発達障がい者等は取らないです。
職種は超えて多くの障がい者に研修して雇用して欲しい。 補助金や計画相談員や行政や役所などの規制、基準の壁を無くして欲しい。

全国のナカポツは、縦割りです。

障がい者を持っている友人がコンビニや給油所やパソコン入力や選別作業等で働いて長続きしている。障害者手帳、ナビゲーションブック等を見せて会社側が理解、配慮、支援、ニーズに強化している。しかも、補助金を頼らずにやっている。

職種は関係無く多くの障がい者に働かせる場所を作ってほしい。

デジタル庁も障がい者雇用のために厚生労働省&内閣府&縦割り110番と動いて欲しい。協力して欲しい。
ハローワーク&パーソナルサポートセンター等は限られる。

アイデアボックスの短い時間&期間ですがご意見を大事です。多くの障がい者雇用に夢実現を応援して欲しい。
バックアップして欲しい。

デメリットはある障がいを理解、配慮、支援、ニーズする職員を作ってほしいです。そして、関係機関の連携は大事です。

人手不足や賃金の安さで働く人が減ってでも多くの障がい者が待機している。

ページの先頭へ