国民の健康のため、電磁波安全基準はスウェーデン並みにすべし by 砂川さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@03051

国民の健康のため、電磁波安全基準はスウェーデン並みにすべし

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
砂川さん
投稿日時
コメント数
8コメント
評価P
2ポイント

デジタル機器がますます身近なものとなっていくにつれ、電磁波が人体の免疫力をわずかに落としていくことが懸念されます。わずかに、というところが痛いところで規制が甘くなっていますが、それが長期的に続くものですから結局は健康被害が大きなものになると思われます、特に電磁波過敏症の症状が出ている人には、非常に辛いこととなります。

電磁波先進国のスウェーデンでは、電場は25V/m以下、磁場は2.5mG以下という安全基準を設定しているのに対して、日本の自主規制値では、電場は250V/m以下、磁場は2.5mG以下という基準になっています。

電磁波の安全基準をスウェーデン並みにするべきでしょう。

そのメリットを3つあげます。

・欧米並みの電磁波安全基準に追いつくことは、先進国としての国のレベルを上げることになります
・強度の強まっていく電磁波(5G、6Gとこれからも進化していく)に対し、事前にリスクを下げておくことが出来ます
・テレワーク普及による機器や居場所の快適さが生産性を左右しますので、電磁波によるストレス低減はもはや早急の課題です

当件よろしく調査の上、これからの社会に適合する規制を定めてもらいたい。

ページの先頭へ