医療カルテ情報のクラウド管理について by hiro2006さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@03052

医療カルテ情報のクラウド管理について

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
hiro2006さん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
10ポイント

以前からおかしいなぁと考えていたのですが、
総合病院を除き病院は専門毎に領域を分けて運営されています。
例えば、消化器内科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科などなど

当然ながら人間の身体は全て繋がり各部位は関連性を持って生きています。
そのため医療カルテも各々の医療機関で管理するのではなく、
患者自身がお薬手帳のように一元的に管理する必要がある。
しかし、検査データやレントゲン写真を自身で管理し、病院に行くたびに全部持っていくのは大変なので、
医療カルテの情報をクラウドで一元的に管理する必要があると考えています。

病院に行くと、
お医者さんは、クラウドで管理されている患者の医療カルテを見て診察する。

メリット、
 ・過去の医療情報を診察のインプットにできる。
 ・検査データも見れるため無駄な検査を減らせれる。
 ・患者の曖昧な記憶に頼らない診察ができる。
 ・患者も自身の医療カルテをいつでも確認できる。
 ・お薬手帳の情報もこのクラウドで管理する。


必要な対策
 ・医療カルテを改ざんできないようにブロックチェーンで管理する。
 ・マイナンバーと連携することで多様なデータとシームレスに繋げる。
 ・多量な医療データをインプットに診察するためAI医療の研究を後押しする。
  研究を進めAI医療で競争力を付け世界マーケットを取る。

ページの先頭へ