請求書、電子取引に関する統一ITプラットフォーム by nak14855さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@03181

請求書、電子取引に関する統一ITプラットフォーム

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
nak14855さん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
2ポイント

企業で大変な処理の一つとして請求書があります。
・紙で送られてくる請求書をスキャナでpdfに変換し、ワークフローで申請。
・品目や価格を入力ミスしないように入力(わかりにくいので担当者には負担)
・経理部では誤っていないか丁寧にチェック
・銀行振込
100円のボールペン1つ買うのでもこれだけの処理が必要です。

国全体で統一的な電子化取引の仕組みを整えれば、これらの処理は簡略化します。
1.発注先:電子請求書を発行 発注元に電子メールが送られる
2.発注元:電子メールに記載されたURLにアクセスし、支払い操作をするとネットバンキングを用いて送金が行われ、取引成立

請求書処理は、わざわざ発注先でプリントアウトし、発注元で間違えないように打ち直しているだけなので、ミスも発生するし労力もかかります。統一プラットフォームを作れば労力を削減できます。

ページの先頭へ