自治体・学校でネットワークを共有できるようにしていただきたいです by あきnoさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@03269

自治体・学校でネットワークを共有できるようにしていただきたいです

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
あきnoさん
投稿日時
コメント数
5コメント
評価P
9ポイント

教育委員会と学校現場を別のネットワークで管理しないといけないとする、文部科学省の省令を変えてください。

市町村教育委員会には、教員である指導主事と、市町村職員がおり、
教育委員会の事務PCのネットワーク環境は、当該市の市役所のネットワークと共通です。
しかし、学校になると、文部科学省の省令で、市役所のネットワークと分けるように言われているため、
教育委員会と小中学校が別回線になっています。
この省令は、教育現場の情報漏洩対策だと思いますが、職員にとっては、害でしかありません。
学校からすると、予算執行のための管理ソフトは市の予算執行システムのため、市役所系ネットワークを持った別の環境とパソコンを、学校用のパソコンとは別に持っていて、業務を複雑にさせています。
教育委員会からすると、労務管理のための勤怠システムが、教育委員会と同じものが使えず、未だに紙にハンコを押すスタイルの出勤簿です。

このように、学校と市役所のネットワークを分けることは、情報管理にとってマイナスでしかありません。
そもそも、データの管理方法を分けるなら、同じネットワーク内で見れるデータ領域を分けれますし、
情報漏洩対策なら、むしろ堅牢な市役所のネットワークで管理させた方が安全です(市役所のネットワークはインターネットには繋がらっておらず、ほとんどの場合教育委員会よりも厳重な管理体制があります。)

どうか、教育委員会、学校、市役所を共通のネットワークで利用できるように省令を変えてください。

ページの先頭へ