共通業務の標準化 by じうさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@03344

共通業務の標準化

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
じうさん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
12ポイント

各省庁共通の業務は原則標準化できないか。

例えば、超過勤務処理はシステム処理、excel処理、紙ベース処理と各省庁でやり方が異なる中、効率の差が相当にあるものと推察。服務関係の手続きも人事院規則等がベースである中、同じ省庁内であっても、部局や出先で処理方法が異なることも散見される。
一方でRPA導入の動きがあるものの、共通業務を各省庁の処理方法を前提に導入する流れがあり、結果的にコストが重複しているものと考えられる。

このため、各省庁共通の事務はまず徹底的にシステム処理や電子決裁を踏まえて「標準化」すべきではないか。

少なくとも、現在のRPA導入にあたり、例えば、「シービスの入力が煩雑→RPAで適正化できないか検討」といった案件が見受けられるが、各省庁で各自でRPAを作成するのは多重にコストがかかっているため、システム管理部局においてものと見直すべきものではないか。

ページの先頭へ