欠陥だらけのマイナンバーカード by 行政に絶望した人さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@03462

欠陥だらけのマイナンバーカード

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
行政に絶望した人さん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
5ポイント

マイナンバーカードの利便性の一つはコンビニで住民票等の発行が可能になったことですが、欠陥だらけのマイナンバーカードは国民にもたらした悪影響がひどかったのです。
ここでその悪さの一つを上げます。
毎年引越しする人が数百万以上だといわれています。
引越しするたびに、住所変更の届は役所と警察署で行わなければなりません。
免許の住所欄がいっぱいになったら、警察署は住所欄を書き直してくれますが、
マイナンバーカードの住所欄がいっぱいになった場合は、カードの新規発行をおこなわなければなります。
カードの発行から受領まで2か月以上かかります。
その間はカードの利用はできません。
こんなバカなことは理解できるひとはまったくいないと思いますが、役所は対応窓口になって、どうしようもなかったのです。
質問:
1、住所変更だけでなんでカードを新規発行しなければならないのか?
2、更新なのに、なんでパスワードの情報をすべて0から設定しなおさなければならないのか?
3、1枚のカードの発行にはいくらかかるのか?
4、なんでこんなカードが設計されたのか?
  国民の税金はこんなに無駄使われるのか?
  運用会社は金もうけしかおもっていないのか?
5、日本のIT業界はこんなにレベルがひどいなのか?
  これぐらい愚かな設計は日本の誇るIT大手がやったのか?
6、最後、こんな役立たずのカードは国民に受け入れてもらいたいのか?

日本のデジタル化がこんなに遅れて、行政の管理者がなんで恥ずかしく思わないのか不思議でしようはないです。
完全に絶望しました。

ページの先頭へ