「データ≒21世紀の石油」の意味 by mitunari2050さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@03587

「データ≒21世紀の石油」の意味

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
mitunari2050さん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
2ポイント

「21世紀の石油=新エネルギー」では無い!
因みに・・「デリバティブ」をネットで調査すると{先物取引、オプション取引、スワップ取引などの総称。「金融派生商品」とも呼ばれます。株式、債券、為替などの原資産から派生して誕生した金融商品のため、「~から~を導き出す」という意味をもつ動詞「derive」の名詞形である「デリバティブ(derivative)」と呼ばれています。少ない資金で大きな取引ができるため、典型的なハイリスク・ハイリターン商品といえます。}であった!

重要なポイントは・・{「~から~を導き出す!}である。

つまり、{「データ」から「価値」を導き出す!}なのである。

その点、
「データプラットフォーム」
「決済プラットフォーム」
「取引プラットフォーム」

は{B2C新規取引}おけるプラットフォームが

{新規取引式:「A=B+C+D」:E/F:G}でなければならない!

つまり、
Aは「価格=決済」
Bは「BとCs(集団)の取分に分配する係数」
Cは「BとC(個人)の取分に分配する係数」
Dは「D=A-B=Cで算出した値の全額がBの取分」
Eは「BがCに付与する係数」
Fは「CがBに付与する係数」
Gは「プラットフォーマー(データ・決済・取引の管理者)がCに付与する係数」
である。

要するに、ビッグデータは{B2C新規取引式}から発生する!
つまり、国民=一億の個人消費者C=消費家Cs」と「販売者B(単数)および「Bs(複数)」とが
{新規取引式}での売買時に発生する「取引情報(日時、BのID、CのID、A~G)」
は「ミニデータ」であり、
BsとCsの全取引情報を「ビッグデータ」と称するのである!

前記「ビッグデータ」を集計し解析することで「新規価値」を生み出すので「ビッグデータ=21世紀の石油」なのである!

(参考)
石油精製による主な製品・・「石油化学工業 (合成樹脂)」「アスファルト」「軽油」「重油」「ガソリン」
「燃料油(en:Fuel oil)」「燃料へのリダイレクトページ」「ケロシン」「液化石油ガス (LPG)」
「潤滑剤」「パラフィン」「タール」

したがって、「21世紀の石油」は譬えである。
その意味で、「デジタル改革」においては
{「21世紀の石油」=「新エネルギー」}
は不要(不用)な論法であり「意味不明」とも言える!

ページの先頭へ