デジタル改革を進めるためのスパイ対策とその基盤となるテロ対策の推進 by 雪見餅さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@03697

デジタル改革を進めるためのスパイ対策とその基盤となるテロ対策の推進

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
雪見餅さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
6ポイント

デジタル改革を進める上で、まだ現代の技術は良心的なAIなどにすべての業務を任せることで安全性を担保するなどが困難であり、どうしても信用できる人間を公的な手続きに介する必要があります。

その信用できる人間が公務員であり、大企業の会社員であり、有名大学の教授であるのですが、これらの中に外国からのスパイが入り込むと、情報が盗まれたりや、日本人のためにならない政策が進行していしまうことになりかねません。

そこで、スパイ対策を行うことが必要になるのですが、日本人がスパイを怖がる理由は、相手が理不尽な暴力によって口封じを行うことを恐れるからです。

それは単純な殴る蹴るの暴力に始まり、暴力団員を重要なポストの家の住所に通い詰めて迷惑行為を繰り返すこと、そして、家族を人質にとったり、命を奪うことまで、スパイの行う暴力の影響は、平和ボケした日本人が考えたくもない暴力によって人の心を支配することに及びます。

しかし、こういう暴力的な手口を最近ではテロリストによる犯行と呼んでいて、つまり、強力なテロ対策を進めることが、安全にスパイ対策を進める上で、つまり、スパイを日本から徹底的に排除する上で必要な手順だと思います。

暴力的なスパイがなぜデジタル改革を進める上で妨げになるかというと、例えば目や指紋を使った生体認証の利用を政策として実現する場合、何が怖いかと言えば、スパイによって目玉をえぐり取られたり、指を切り取って持ち帰られてしまわれたりということが大変恐ろしいです。

しかし、こういうことをするのは現代ではテロリストの仕業であると知られています。

デジタル改革を進める上で、データ保全やセキュリティーが重要になりますが、それを脅かすのがスパイの存在であり、しかし、スパイ対策を安全に進めるためにはテロ対策の徹底によって、国民が暴力に屈して言いなりになる環境を改善することが重要になります。

なので、私の提案は、国民の利益を守るために安全にスパイ対策を実施し、日本からスパイを徹底的に排除することを目的に、暴力で国民を支配しようとするテロリストを排除するテロ対策を強化することです。

私はデジタル改革のためには、まずテロ対策が強く求められていると思います。それと並行して、遠慮なくスパイ対策をやってしまいましょう。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ