災害時に金銭的補償を by 佐藤治雄さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@03762

災害時に金銭的補償を

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
佐藤治雄さん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
1ポイント

(デジタル改革アイデアにふさわしいかどうか分かりませんが)

近年温暖化のせいか、毎年のように洪水被害がおきています。
被害者の多くが語っているのは、「ここに住んで何十年にもなるが初めての経験」ということです。
事実大きな河川の氾濫もありますが、近年中小の、それも普段は小川のような街中の川が氾濫します。
これに対しての対策はもはや不可能としか思えません。

そこで提案ですが、河川に対しての洪水対策はそこそこにして、その分のお金で基金を作り、洪水被害に遭った人らに金銭的補償をしたらどうでしょう。
いまだに被災者が仮設住宅を抜け出せない状況を考えると、不可能な国土強靭化に莫大なお金をかけるより、実質役立つ施策ではと考えます。

基金は財団でやるとまた天下りの元となるので、引受先があるのであれば、保険が良いと思うのですが、そこまでは無理でしょうか?

ページの先頭へ