自衛隊の役割を憲法に明記 by 便器株主さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@03765

自衛隊の役割を憲法に明記

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
便器株主さん
投稿日時
コメント数
13コメント
評価P
0ポイント

諸君は武士だろう、諸君は武士だろう、武士ならばだ、自分を否定する憲法をどうして守るんだ。どうして自分の否定する憲法のため、自分等を否定する憲法というものにぺこぺこするんだ。これがある限り、諸君てものは永久に救われんぞ。諸君は永久にだね、今の憲法は政治的謀略に、諸君が合憲だかの如く装っているが、自衛隊は違憲なんだよ。自衛隊は違憲なんだ、貴様達も違憲だ。
憲法というものは、ついに自衛隊というのものは、憲法を守る軍隊になったのだということにどうして気がつかんのだ、どうしてそこに諸君は気がつかんのだ。俺は、諸君がそれを断つ日を待ちに待ってたんだ。諸君はその中で、ただ小さい根性ばっかりに惑わされて、本当に日本の為に立ち上がるときはないんだ。
抵抗したからだ。憲法の為に、日本を骨無しにした憲法に従ってきたということを知らないのか。諸君の中に、一人でも俺と一緒に起つ奴はいないのか。
一人もいないんだな。
よし。
武というものはだ、刀というものなんだ、自分の使命
それでも武士か、それでも武士か。
まだ諸君は憲法改正の為に起ち上がらないと見極めがついた。
これで、俺の自衛隊に対する夢はなくなったんだ。
 それではここで、俺は天皇陛下万歳を叫ぶ…。

 災害の時だけ感謝される自衛隊をデジタル憲法で合憲にしましょう。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ