現役保育士さんの不満を聞き届けるためのアイデアボックスの設置と個人レベルの全国アンケートの実施 by 雪見餅さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@03817

現役保育士さんの不満を聞き届けるためのアイデアボックスの設置と個人レベルの全国アンケートの実施

カテゴリー
9-1.管理室
寄稿者
雪見餅さん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
5ポイント

少し前に保育士さんとお話しする機会があって、そこで保育士さんから膝を床につく姿勢を取るのが辛いので何とかならないかと言われたのですが、私の専門では全くなかったので、そういう補助をするギプスを何万円とかで購入するしかないと、しかも人によってサイズも違うと思うので、最悪の場合はオーダーメイドになるよと答えました。

現代の保育士さんも、介護で問題でなっているのと同じような点で不満を抱えています。
しかし、保育園の園長先生と話したのですが、基本的に保育園は儲けられないので、保育士さんの待遇改善も難しいし、そのギプスの話もおそらく作ることは難しいと思います。一つの理由はお金がないからです。そして、二つ目は園長先生が高齢者なので、そういうギプスを作ればと提案されても、どうすればいいか分からないと思います。
そこで、保育士さんから不満を聞き届けて、その不満を解決する技術があるのか検討する仕組みを実現するための保育士アイデアボックスを提案します。

また、基本的に保育士さんはあまり学歴が高くないし、園長先生とかも戦争が終わった少し後くらいの時代の高齢者の方がいます。
なので、アイデアボックスを設置するだけではなくて、アイデアボックスを通して全国に匿名で不満を募るアンケートを実施できないかと考えています。
なので、できるだけ簡単な形で、センシティブな彼らのやる気をそがないように、このデジタル改革アイデアボックスよりもすごく分かりやすく丁寧な仕組みで意見を募ることを提案します。
あと勘違いしてほしくないのが、全国アンケートとは、本当に全国すべての保育士さんの不満を集める仕組みをアイデアボックスを通して実現してくださいと提案しています。

もちろん、不満の声が目立ちにくいのは保育士さんだけではないと思うので、学歴が低かったりお年寄りばかり働いている職場には、同じように分かりやすく丁寧な仕組みの全国アンケートの実施をした方がいいと思います。

ページの先頭へ