デジタル庁の人事方針「回転ドア方式」について by たくあんさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@03936

デジタル庁の人事方針「回転ドア方式」について

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
たくあんさん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
6ポイント

平井大臣がデジタル庁の人事の在り方について、就職後にデジタル庁と民間企業の
間を行き来する「回転ドア方式」が検討されていると聞き、以下の二点のような懸念を感じました。

まず、日本の雇用文化では、回転ドア方式でエンジニアが職員として採用されたとしても、
官と民の両方で、各組織への貢献度の低さからキャリア的に埋もれてしまうのではないでしょうか。

次に、行政と民間を行き来する事で、様々な職場で知識を身に着ける機会があるでしょうが、
それはゼネラリストのキャリアの積み方で、スペシャリストとして技術の蓄積が難しいと思います。
逆に行政の管理職側こそ民間の仕事の進め方を学び、業務改革の基礎にするべきです。

そもそも、日本がデジタル後進国になった原因として、国や自治体の組織の中で、
意思決定する側にITの理解がなく、かつ業務変革の意識も薄かった事があると思います。
それを解消するためにも、デジタル庁と民間企業以外にも、後々、他組織や自治体で
スペシャリストからコンサルタントまで幅広い選択肢を選べるような、キャリアパスの
支援があると、職員、デジタル庁、行政全体、それぞれで良い効果があるかと思います。

ページの先頭へ