公立図書館は何故市外の人は使えないのか by yamaさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@04044

公立図書館は何故市外の人は使えないのか

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
yamaさん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
1ポイント

公立図書館は原則として市内に在住、または在勤・在学していないと登録できない。ふと旅行に来た人が一日パスみたいな感じで登録する事は不可能なのだ。殆どの図書館では「市民の税金で運営されているから市民サービスの一環として市民だけが使えるように」「登録者が増えすぎたら困る」「市外の本は取り寄せればいいから問題ない」という解釈をしているのだろうが、あまりにも縦割りというか杓子定規すぎないか。殆どの図書館でシステム化されており貸出や返却の負担もそれほどではないはずなのだから、対象を県まで拡大、最終的には全国まで拡大すべきである。

(例)同じレンタルでもツタヤは全国で使える
http://www.tsutaya.co.jp/help/card/index.html

ページの先頭へ