会場密集受験型の国家試験ペーパーテストのCBT化 by ペーパテスト反対者さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@04064

会場密集受験型の国家試験ペーパーテストのCBT化

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ペーパテスト反対者さん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
-1ポイント

現在多くの国家試験は、ペーパーテスト(いわゆるPBT)であり、指定会場に密集して受験しなければならず、
新型コロナウィルス感染症のクラスター感染リスクがあります。

最近民間試験がコンピュータベースのテスト(いわゆるCBT)に切り替えており、
新型コロナウィルス感染症のクラスター感染リスクを低減するソーシャルディスタンスを保ったまま受験できる体制になっています。

紙と鉛筆・ペンを使った無駄なPBT受験方式をやめて、
コンピュータを使った効率的なCBT受験方式に変えることで、
効率的な試験運営が実現できると考えています。

デジタル改革の効果が高い領域かと思いますが、みなさまいかがでしょうか。

ページの先頭へ