法令の漢数字表記をアラビア数字に改正すべき by ムラクニさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@04114

法令の漢数字表記をアラビア数字に改正すべき

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ムラクニさん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
11ポイント

国の法令において、数の表記は基本的には漢数字である。この漢数字をアラビア数字に置き換える改正を行うことを提案したい。

例えば、地方自治法第225条は
「第二百二十五条 普通地方公共団体は、第二百三十八条の四第七項の規定による許可を受けてする行政財産の使用又は公の施設の利用につき使用料を徴収することができる。」
である。
これを数字をアラビア数字化すると
「第225条 普通地方公共団体は、第238条の4第7項の規定による許可を受けてする行政財産の使用又は公の施設の利用につき使用料を徴収することができる。」
のように、多くの場合文字数が減ることもあり、見やすくなると思う。
(注 「五百」はアラビア数字にすると「500」となるように、文字数が増える場合もある。)

漢数字は、縦書きではしっくりくることがあるかもしれないが、現在、ウェブサイトで表示される場合は、PDFで文書化されている場合を除き、通常は横書きである。横書きではアラビア数字の方が見やすいと思う。
自治体業務で法令を扱う場合でも、アラビア数字の方が理解しやすいと感じており、資料作成で法令を引用する場合は、漢数字をアラビア数字に置き換えることが多い。

地方公共団体では、条例・規則中の漢数字を、ある時期に一斉にアラビア数字に置き換える改正を行っているところが多いと思う。

国の法令について、アラビア数字に置き換える改正を行うべきである。

なお、大きな数字で、例えば「三億千五十万九十五」というような漢数字がある場合、単純にアラビア数字にすると「310500095」となり、位取りが見た目で分かりにくくなることがあるので、「310,500,095」のようにコンマを追加する、あるいは「3億1050万0095」のような表記をすることも必要と考える。

ページの先頭へ