ボランティアと労働者の切り離し by oameさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@04155

ボランティアと労働者の切り離し

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
oameさん
投稿日時
コメント数
7コメント
評価P
4ポイント

デジタル改革で面倒な手続きが簡略化されたら、ボランティア自体のあり方も違った形を取れるようになると思います。
ボランティアの根底にある根本的な考え方そのものは良いものだと思います。
しかし、最近は本来意図したものとは違った方向の使われ方と運用のされ方にシフトされているように感じています。

無償でやってみるか⇒これは無償でやったことがあるから無償でやるものだ⇒あなた方も無償でやるものだ⇒無償でやるのは当たり前のことだ
といった感じで無意識に刷り込まれていき、強固な世論として確立される恐れがあります。

このまま現状放置すれば無償な労働力としての前例が増え、ますます適切な給料で雇われるべき人たちの雇用が失われてしまいます。

ボランティアがもたらす正と負の側面と、その解決に大きな役割を果たすであろうデジタル化社会について、しっかり考えていただきたいと思い書かせてもらいました。

ページの先頭へ