行政電子化に失敗した総務省はデジタル庁設立と同時に解体 by 星栞さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@04162

行政電子化に失敗した総務省はデジタル庁設立と同時に解体

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
星栞さん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
8ポイント

総務省 組織案内[検索]

------------------------------------------------------------------------------------------------
行政管理局…電子政府の推進→大失敗Σ(゚д゚lll)

行政評価局…良いのではないか(・ω・)b

自治行政局…電子自治体の推進→Σ(゚д゚lll)

自治財政局…良いのではないか(・ω・)b

自治税務局…ふるさと納税とか(・ω・)b

国際戦略局…ICT分野における戦略的な研究開発→Σ(゚д゚lll)

情報流通行政局…ICTの利活用の高度化→Σ(゚д゚lll)

総合通信基盤局…電気通信事業の競争促進→Σ(゚д゚lll)

統計局…プログラムがバグってた、論外!(; ・`д・´)

サイバーセキュリティ統括官…お前なんでここにいるの?IPAじゃね?Σ(゚д゚lll)
------------------------------------------------------------------------------------------------

並べてみたらまるで「デジタル庁」
「電子」だの「ICT」だのつく局が多いのです。

でも、経産省とまる被ってたり、IPAよりも能力が低かったり。携帯をガラパゴス化し、通信の国際競争に乗り遅れ、LGWANとか作って自治体の行政効率を悪化させ、電子政府どころか日本を行政電子化の後進国にした、なにひとつろくなことをしない組織であることが今回明確になったと思います。

デジタル庁を作る!強力な権限を持たせる!と同時に。
この体たらくな組織をそのまま残したら有害です。失敗には責任を取っていただかないと筋が通りません。

デジタル庁にこれら機能を移行すると同時に、総務省からこの大失敗局を廃止して、地方自治体の調整役のみの省庁にするように解体→再編。もちろん、更に少子高齢化が進んで基礎自治体が減少し、道州制とかになったら総務省は廃止することもこの段階で決定しておく必要もあると思います。

あと、100字。

ページの先頭へ