Doctor X 大門未知子やドラえもんのように弱者を助ける「DX監」 by 山岸寛光さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@04227

Doctor X 大門未知子やドラえもんのように弱者を助ける「DX監」

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
山岸寛光さん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
1ポイント

台湾史上最年少で入閣されて「デジタル担当大臣」に抜擢されたオードリー・タン(唐鳳)さんは、中学中退、15歳で起業、IQ180以上、トランスジェンダー・・・と前代未聞の希少な奇才で本当に驚きます。
コメントを先にそちらからお読み下さい。

とにかく唐鳳の名前通りの驚きの神のような大声で羽ばたく奇才でございます。

唐鳳さんはのび太のような弱者を助ける日本のドラえもんを愛されていらっしゃいます。

ドラえもんと語呂がシンクロする日本のドラマでDoctor X 大門未知子も「フリーランス」で、来年からのデジタル庁発足の「風」の時代の大門の幕開けに相応しいリーダーの「イメージキャラクター」になり得ると思っております。

Doctor X 大門未知子のイメージは、文字通り前人未到の世界の超難題の大問題を大きく門を開いてオペ出来るインテリジェンス「DX監(デジタル監)!!」です。

ドラえもんと大門の語呂だけでなく「Doctor X」もちょうど略して「DX」となり語呂が良いからです。

キャラクターとしても、「難病患者」を失敗しないで「オペ」して、「弱者を救う」イメージは、デジタル庁の「DX監(デジタル監)」にピッタリでございます。

「オペ」はデジタルで言う「OS」に相当する重要な概念であり、政治の本質でもあるからです。

政府として、コロナ情勢からも、「医療/介護」分野の社会保障分野への特化した注力は、大命題でございます。

米国もトランプ大統領からバイデン大統領に政策が180度変わって、世界のトレンドは社会保障への注力の流れに確実に変わります。

政府財源を省エネを超えたゼロエネで超高利益を生み出し、コロナで経済破綻を起こした低所得者や経済破綻を起こした企業の弱者を「ドラえもん」や「大門未知子」のように救うことが出来る人財こそがデジタル庁の「DX監(デジタル監)」になるのではないでしょうか?

持続可能な社会的要請の超難題も解決するくらいの前代未聞の「インテリジェンス」&「インテグリティ」がデジタル庁の「DX監(デジタル監)」に問われています。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ