医療機関の業務デジタル化 by kotoha15さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@04231

医療機関の業務デジタル化

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
kotoha15さん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
7ポイント

精神科の単科病院にてリハビリ業務に従事している者です。
私が勤務している病院では電子カルテが導入されておらず、診療録やその他手続き関連の書類など全て紙面上でやりとりしています。
そのため、書類作成に時間を取られてしまいとても効率が悪いように感じます。また、各書類に押印が必要になるため、手続きが完了するまでにかかる時間も無駄に長くなってしまいますし、本来であれば医師が記入しなければならない書類も、手続きを煩わしく思っている医師は書類を事務やコメディカルの職員に記入させている現状もあります。
さらに、保険適用するための施設基準を満たす条件も各職種や部署で十分な理解ができておらず、他職種・他部署への説明や話し合いが長引き本来の業務に支障が出るリスクも高まっています。
そこで、電子カルテ等のデジタルシステムを導入することで医療業務のシステムを一括管理し、よりシームレスに他職種・他部署との連携を強化していけるのではないかと考えます。
また、業務を効率化することで人為的なミスも減らすことがで、実地監査にかける時間やコストの削減にもつなげることができるのではないでしょうか。
ぜひ、国主導で医療機関におけるデジタル化システムの開発・導入の推進をお願いしたいです。

ページの先頭へ