IPAの試験を音声読み上げソフトで受験可能に by wolfさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@04264

IPAの試験を音声読み上げソフトで受験可能に

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
wolfさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
5ポイント

重度の視覚障害者(全盲)がIPAの試験を受ける場合、受験は点字でのみの対応になっています。この根拠は何でしょうか?
以前の記事でも書かせていただいたように、視覚障害者の大多数は中途視覚障害者です。点字の読み速度は、小児期に点字に触れていないと実用的なレベルには到底なりません。私もその1人です。現実、試験時間内に終われない方々もいます。
読み上げソフトがインストールしたパソコンを使って試験を受けられるよう強くお願いいたします。システム、セキュリティ等で導入が難しいのであれば、読み上げ受験や音声を聞きながらの受験をお願いしたいです。
なお、分野は違いますがある国家試験では、点字以外の受験が認められています。
デジタルに関連する試験がアナログでなければならないことにすごく違和感を感じます。

ページの先頭へ