高等学校 情報の単位数を4単位に増やすべき by yamaさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@04373

高等学校 情報の単位数を4単位に増やすべき

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
yamaさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
5ポイント

現在の高校における情報では「社会と情報」「情報の科学」のうちどちらかを選択し2単位が必履修ですが、8割以上の学校は「社会と情報」を選択しプログラミング等を学習する「情報の科学」を選択している学校は2割を切っています。新教育指導要領では「情報Ⅰ」と「情報Ⅱ」になるらしいですが同じく2単位必修であり、名前ややる事が変わっても時間数が増えないのでは意味がありません。1単位とは1年間で週1回授業する事を示しており、2単位だと1年次と2年次だけ学習すれば良い訳で3年次は情報の授業を全くしなくても卒業できる事になります。体育が7~8単位、総合的学習の時間が3~6単位となっていますが、これらを減らして情報の時間を増やすべきです。4単位にすれば1年次に週2で情報をやって2年次と3年次はそれぞれ週1で情報の授業をやる事になり、子どもたちの情報に関する興味関心がさらに高まることは間違いありません。内容を変えても時間数を増やさなければ意味が無いという事を強く申し上げます。来年度から現行指導要領で新入学生の情報の時間数を4単位に増やす通知を出し、新学習指導要領でも情報の単位を4単位にする通知を出すべきです。

(参照)文科省 プログラミング教育に関する概要資料
https://www.mext.go.jp/...9/05/21/1416331_001.pdf
(参照)文科省 新学習指導要領 情報編
https://www.mext.go.jp/content/1407073_11_1_2.pdf

ページの先頭へ