クラウドサービスのライセンス管理について by あきさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@04447

クラウドサービスのライセンス管理について

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
あきさん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
4ポイント

これは本市の問題かもしれません。
十数年前に一部自治体において、マイクロソフトのオフィスのライセンスが足りていないのに違法にインストールしたということで、問題になったと思います。
現在、本市では必要最低限のライセンスを購入し、同時接続がないように、またインストールする端末を決め使用するなど、ライセンス形態によって使い分けていますが、いちいちライセンスがどうなっていたかということを気にする必要があり、時間の無駄です。
本当は、全職員にライセンスを割り当て、自由に使える状態にしたいのですが、全職員数分必要なわけがなく、難しい状態です。
そんな状況なのですが、コロナ禍においてオンライン会議やテレワークなどが進んでいる関係で、
ZoomやBOXなどのサービスを利用する形態のものが増えてきており、その際に1ユーザ(1アカウント)1ライセンスが求められるようになってきています。
また、アカウントはメールアドレスに紐づくということなのですが、本市では全職員に個別のメールアドレスがあるわけではなく、組織のメールアドレスを利用している状況です。
そのような組織においても適切にクラウド上のサービスを利用できるライセンス形態、アカウントの管理ができる状態になればなぁと思い記載させていただきました。
(ここに記載したところでという問題ではありますが。)

ページの先頭へ