国民にメールアドレスを配布する by hiro.e.sapさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@04469

国民にメールアドレスを配布する

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
hiro.e.sapさん
投稿日時
コメント数
6コメント
評価P
-14ポイント

国民にメールアドレスを配布し、行政との連絡にはこれを利用する。

地方自治体から通知される督促状などは、こちらを利用し紙での通知をしない。これにより、資源(紙、郵送代、人件費)の削減が可能と思います。(当初賦課の納付書も! PC、スマホ出の支払いなら削減可能では)

国が出生した時点で、マイナンバーを発行すると同時にメルアドを発行すれば、住民記録上にも登録され家族情報と紐づけができ親への通知、子供への通知など振り分けも可能かと思います。

PCメールだけでは、「利用者が増えない」、「メールを確認しない」等の問題もあるので、専用スマホアプリを作成し本人が気づくような仕組みも必要と思います。
メールボックスのサイズが大きくならないよう、私的利用の制限、及び過去のメールはクライアント側、サーバ側ともアーカイブするなどの仕組みを持ったら良いと思います。

ページの先頭へ