役所窓口業務(マイナカード受け取り方法) by バクさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@04500

役所窓口業務(マイナカード受け取り方法)

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
バクさん
投稿日時
コメント数
8コメント
評価P
7ポイント

期待しています。

いま、マイナカードについて普及が必須な状態かと思います。全ての住民サービスに関わる入り口がこのカードです。
私は、住民票が東京にあります。単身赴任で大阪におります。カード申請についてですが、申請はネットで出来ます。郵送でも可能です。しかしながらカード受け取りは住民票登録の役所に行かなければならないといわれました。そうはいっても平日の開庁している期間に交通費3万円かけていくことができませんb。会社も休めません。カーと発行の窓口にも何度も確認しましたが、決まりだからとの事。決まりは誰が作ったのでしょうか?万能ですか?
単身赴任の人は100万人程いると聞いています。クレジットカードなどは郵送受け取り時、本人確認を郵便局がおこなってくれます。佐川急便でも重要書類の受け渡しでは住所確認でOKです。
カード申請をしようとしている中、前向きに申請しようとしましたが、受け取りについて、IT化できないのでしょうか?データのやり取りで住民情報は全国の役所でできないのですか?あるいは、郵便局などに委託するとか。カードはIT化の切り口なのに、窓口に来い。交通費や会社など国では面倒見ない。これでは、カード導入拡大どころかIT化は望み無いと思います。
私は、困っています。国が交通費を出すのであればカード申請しますが、いまのままでは、泣き寝入りをするしかありません。平井大臣に期待しています。どうか、日本何処にいてもカード受け取りくらい出来るようにお願いします。Well-beingですよね。距離と時間は関係ない、大臣は言っています。
一国民の声ですが、ぜひ、回答願います。

ページの先頭へ