募集要件をはっきりさせるべき by yotarou3さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@04523

募集要件をはっきりさせるべき

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
yotarou3さん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
6ポイント

防衛技官の募集要件でこんな値段でちゃんとしたのが来るわけねえだろうと、
散々ネットで叩かれてましたけど、人材の値段の相場をきちんと理解してないことに、
絡むことなんですが、やろうとする仕事に対しての必要な技術を雇う側が把握してないことは、
金の無駄だし、やることもはっきりしないのだからゴールもないことに繋がります。

防衛技官の募集案内見ました。いくつかは妥当だと思った一方で謎だったのが、
職務経験通算13年ですか。それが納得いかなった理由は、最先端のセキュリティーを
導入するなら、職務経歴通算13年ってどういう理屈なんだろうと。
古くから実績がある技術に対して経験者を必要とするから13年だと言われれば、
妥当な水準だと思います。だけど、その道のプロの13年の月給が30万って馬鹿じゃないですか。
本当にプロフェショナルと呼ぶにふさわしい人を雇う気あるのかな?

職務経歴13年と一口に言っても、マイクロソフトのセキュリティーを13年努めてた人で、
最初の7年は開発業務に従事してて残りは保守管理を6年やってましたという人と、
今現在まで6年セキュリティー開発業務に従事してた人では、開発してた内容は、
時代のトレンドがあるからやってる中身違うと思うのですけど、そこらへんを、
考えてない思うんですね。

そこら編がはっきりがわかるのが、IPAのスキル標準の3というやつです。
要求される作業を独力で全て遂行できること。
ハッキングに対しての防衛を考えるなら、トッププレイヤー?みたいなものを選んだり、
新しく始めるなら後進を育てられる人のほうが望ましいのではないですか。

でもって、面接内容に身体検査ってあるんですよ。
防衛省の募集要項だから、入ったあとは研修で走るのかな?
走らないとチームとしての一体感が得られないんでしょうか。実際のところはわかりません。

情報漏えいも大問題に繋がりますが、これからの防衛においてドローンを使った、
偵察やテロ攻撃は次第に主流になります。中東のパイプラインをドローンを使って破壊したり、
アルメニア対アゼルバイジャンだっけでの紛争でもドローンが使われた。
これを妨害したりするのはその道の13年ではなくて、ドローンにすぐに飛びついた人たちが、
必要だと思うのです。そこら編がはっきりしてないからいい加減な求人するんだろうなと。

このアイデアのタグ

  • 登録タグはありません
ページの先頭へ