ブロックチェーンとクラウドを使った税金の管理のプラットフォームの構築について by 鈴木太郎さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@04524

ブロックチェーンとクラウドを使った税金の管理のプラットフォームの構築について

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
鈴木太郎さん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
-5ポイント

ブロックチェーンで、クラウド技術の弱みを補完して、全国の税金の納税の記録を管理をするプラットフォームの構築をする事を提案します。
ブロックチェーンで、税金の支払いを記録するシステムを作ったら、納税の金額の他に、時間は、タイムスタンプ技術で記録されていて、この技術の特性上、暗号技術から、データの改ざんができないため納税の証明に使える。
もし、納税に不正があった時は、今まで払った税金の記録を遡って、調べられる。
プラットフォームにアクセスしたら、一発で遡れるため、人件費も業務にかかる時間も減らすことができる。
もし、国民が自分の納税記録を見たかったら、スマホやパソコンなどから、プラットフォームにアクセスして、確認ができると便利です。
セキュリティも強く、ハッカーからの攻撃からも、システムは、守られ、システム・ダウンしないものが構築される。
ゆくゆくは、国家の予算管理もこのプラットフォームで管理すればいい。
このプラットフォームによって、納税記録の台帳は、新たな技術によって、スマートになる。

ページの先頭へ