統一行政システムを作るなら自治体毎の独自機能のための拡張&共有の仕組みを持たせたい by ニュートさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@04538

統一行政システムを作るなら自治体毎の独自機能のための拡張&共有の仕組みを持たせたい

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ニュートさん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
4ポイント

地方自治体向けの統一行政システムを作るという話は <a class="topiclink" href="ja/idea/00889/"><a class="topiclink" href="ja/idea/00889/"><a class="topiclink" href="ja/idea/00889/">@00889</a></a></a> にも出ていた他、最近ニュースでも拝見しますが、ぜひ機能拡張&共有の仕組みをもたせて頂きたいと思います。

共通の手続きが統一化されるだけでもメリットは大きいと思いますが、
自治体独自のサービスを行う為に全く別のシステムを作るようでは、二度手間になることも多いと思います。

なので統一システムに拡張性を持たせ、共通のサービスと独自のサービスを共通の基盤で行えるようになれば、例えば本人確認や決済等を別々に行う手間もなくなると思います。

ただ、拡張性を持たせるだけでは似たサービスを提供する複数の自治体が個別に拡張機能を開発することになり、税金の無駄となります。

作成した拡張機能をアドイン・プラグイン(呼び方はなんでも良いですが)として自治体間でLGWAN等を通じて共有できるようになれば、仮に全く同じ機能ならもちろん、似たような機能を作る際にも既存のものをベースに改良すればよく、コストはかなり抑えられると思います。(SIerの利権に関わるところなので、制度設計はしっかりする必要はありそうですが...)

また、そうした行政システム機能の共有する上で、運用のノウハウや問題点等も同時に共有できる仕組みを作れば、より自治体間での情報共有が簡単に盛んに行えるようになり、かつ自治体間での競争原理も働き、より良い仕組みができていくと思います。

例えば、どこかの県議、市議の型が「子育て支援の為に何かしたい!」と思ったときに、
行政システムサービス・機能共有基盤で「子育て」等のタグや人口規模をキーに検索すれば、
実現の為の機能と共に、経緯や問題点、良かった点等をすぐに調べられ、
実際に担当者にアポを取ってヒアリングするところまでノンストップでできるように慣れば、
行政改善のスピードは上がると思いませんか?

ついでに、どの自治体がどのようなサービスを実施していて、どの議員が実現したかという情報等だけでも一般市民から見えるようになれば、引っ越しや選挙の際の判断材料にもなって良いと思います。

ページの先頭へ