デジタル化推進において高齢者が仲間外れの意識を作らさせず傷つけない方法 by 雪見餅さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@04539

デジタル化推進において高齢者が仲間外れの意識を作らさせず傷つけない方法

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
雪見餅さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
2ポイント

メディアを通してデジタル化推進の雰囲気が作られる中で、若者に取り残されたと感じて高齢者が仲間はずれに感じる理由を考えました。

提案内容;
その上で提案内容ですが、高齢者が社会の若者たちの雰囲気を掴む情報源はテレビだと思いますので、デジタル社会で、デジタルサービスを使いこなす若者と使いこなせず古いサービスを使っている高齢者が社会の中で溶け込んでいるイメージ(テレビを通して映像など)を伝えることを提案します。

つまり、デジタル庁が、古いものと新しいものが混ざっている、調和しているビジョンを広く宣伝することを提案しています。

つまり、デジタルサービスを使いこなせないことが高齢者にとって、自分は自分のままでいいと諦観させることが、高齢者に変な焦りを伝えて傷つけないことにつながると思います。

そして、デジタル化を進める際に、高齢者層からの反発を受けることを軽減できると思います。


提案背景:
例えば、病院がキャッシュレス化を進めて、仲間外れ感を感じるおじいちゃんおばあちゃんが出てくることが問題だと感じましたが、そもそもその仲間外れを感じる原因は、主に高齢者がテレビを見ることだと思いました。テレビを見て、社会の雰囲気を感じ取って、自分にはできないなと感じて絶望する、つまり、仲間外れの意識を感じる。これを解決するためには、自然に溶け込んでいるイメージを強調してテレビで伝えるしかないと思いました。

また、この提案は<a class="topiclink" href="ja/idea/04522/">@04522</a>のキャッシュレス化推進のアイデアで私が反対の立場を取って議論した結果、その改善内容を含めた内容となります。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ