行政の発行する文書や行政のWEBサイトに法人番号や自治体コードの記載を by グレンさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@04580

行政の発行する文書や行政のWEBサイトに法人番号や自治体コードの記載を

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
グレンさん
投稿日時
コメント数
4コメント
評価P
6ポイント

各自治体には、法人番号と、全国地方公共団体コードが付番されています。デジタル社会では、個人や団体の確実な識別が要求されるし、識別が容易であることは利便性の向上に役立ちます。

全国地方公共団体コードは、都道府県は上二桁、3~5桁で市町村や一部事務組合を確実に特定できるコードになっています。(6桁目はチェックビット)

また法人番号でも各自治体を確実に特定できます。

そこで地方自治体が発行する各種文書には、これらの情報を必ず付記することを義務付けて欲しいです。

地方自治体のWEBサイトでは、だいたいトップページの最下部に、所在地等基本情報を記載してあり最近はここに
法人番号を記載していることが多いですが、全国地方公共団体コードも記載して欲しいです。

関連しますが、WEBサイトで「所在地」に都道府県名を省いて記載している自治体はとても多いです。
自分の自治体がよほど有名であるという自信があるのでしょうか? 所在地情報は必ず都道府県名から記載して欲しいです。

ページの先頭へ