学校内のローカルネットワーク下でのみ使える専用ブラウザを構築し、一部インターネット環境利用を実現する by 雪見餅さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@04744

学校内のローカルネットワーク下でのみ使える専用ブラウザを構築し、一部インターネット環境利用を実現する

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
雪見餅さん
投稿日時
コメント数
4コメント
評価P
-1ポイント

学校ですべての子供たちが、タブレットを通してインターネット環境を利用できることは、<a class="topiclink" href="ja/idea/04720/"><a class="topiclink" href="ja/idea/04720/">@04720</a></a>のおける虐待やいじめなど問題を解決することに役立つことを<a class="topiclink" href="ja/idea/04734/"><a class="topiclink" href="ja/idea/04734/">@04734</a></a>で述べました。
つまり、誰もが行政とネットでつながることができて、助けを求められる環境を整備することができます。
しかし、タブレットがインターネットにつながるようになることで、ハッキングされる危険性や、違法な動画サイトの利用、教育に不適切なサイトの利用などの問題を抱えることになります。
そこで、インターネット利用の安全性を確保するために、学校内にローカルネットを構築し、子供たちはローカルネット環境下でのみ利用できる専用ブラウザを通して、インターネットの一部のサイトにアクセスできる環境を作ることを提案します。

この際、アクセスできるインターネット上の一部のサイトは、学校側が許可をして選んだサイトのみを利用できるようにします。


また、この許可したサイトしか使えないことが不便だという意見もあると思いますが、その不便を解消するために、行政があらかじめに学校で利用することが推奨される安全なサイトを用意しておく、認定しておくことを提案します。
つまり、この行政による安全なサイトの認定制度も提案内容の一つです。

また、ユーチューブなどを利用したいという声があるかもしれないのですが、代わりに、NHKクリエイティブ・ライブラリーなどを利用してもらって、柔軟に対応してもらうことも提案します。

ページの先頭へ