自治体系のシステム開発のエンジニアの働き方について by Pioneerさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@04814

自治体系のシステム開発のエンジニアの働き方について

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
Pioneerさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
5ポイント

自治体系のシステム開発は、自治体によってデータは現地の作業室で無いとダメ、という自治体。遠隔地からでもセキュリティーが担保されていれば良いという自治体。など自治体によってまちまちで、現地で無いとシステムテストなどもダメという自治体の場合、毎日のように出張をしないと行けず、全くシステムエンジニア のワークライフバランスが保たれません。
また、こんなコロナ禍の中でも自治体系システムエンジニアは関係なく、平日はほぼ毎日全国各地へ出張しなければなりません。
各県に3〜4箇所程度セキュリティーの担保された作業室の設けて、どの自治体でもその場所からテストやバージョンアップ、保守などが出来る体制を整えて欲しいです。
このままでは私を含め、自治体系システムエンジニアの若い層は皆、辞めていってしまいます。
どうしても自治体系システムのエンジニアの働き方を変えて欲しいからここへ投稿致しました。

ページの先頭へ