政治家が使ってはいけないアプリ by 10年ぶりの出来というワインは9年分損しさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@04839

政治家が使ってはいけないアプリ

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
10年ぶりの出来というワインは9年分損しさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
7ポイント

LINE これは政治家は使っちゃいけない。
というか政治家が使っていたらだめだと罰則を授けるレベルである。
LINE のライセンス条項見れば分かるのだが、電話番号を韓国のサーバーに送りますと書いてある。
なのでアメリカで禁止されたtiktokではないが、政治家はインストールしちゃいけないし、官僚もインストールしてはいけない。

本当にセキュリティを気にするなら Intel の CPU も使ってはいけないことになってしまうがそれは厳しいのでやめておこう。
テクノロジー界隈では Intel の CPU にバックドアが仕掛けられてるのは有名な話だ。
その Intel CPU バックドアを解除した世界で唯一のラップトップパソコンがlibrem 15で、biosからファームウェア、OSまでソースコードから再現可能なオープンソースノートパソコンだ。
できればこれを使って欲しいのだが、酷だろうか?。
話を戻そう。
政治家が使ってはいけないアプリを選び出して規制しようというのが私の考えだ。
中国製アプリは禁止、政治家になると原神は出来なくなる。
LINEは禁止、同盟国のアプリならグレーゾーンで、本当の機密を扱うなら止めるべきだ。
国家公務員の技術職も出来ればこの規制に入れたい。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ