無料ゲームのガチャシステムの規制について by moratriumさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@04840

無料ゲームのガチャシステムの規制について

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
moratriumさん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
5ポイント

ガチャシステムを提供する企業は免許制にし、不具合を繰り返す企業、通報の多い企業は立ち入り調査を行い、不正が行われた場合は免許を剥奪するなどというように規制強化を望みます。

昨今、特にスマホゲームなどでは、有料のアイテムを使用し、レアなアイテムをガチャと呼ばれるシステムで得られるというゲームが主流となっております。
このガチャシステムで、ゲーム会社側で意図的な確率操作が行われているのではないかという疑惑が頻繁に話題にあがりますが、実際にユーザの体験からあやしい挙動が発覚し、ゲーム会社側が謝罪するという展開はよくあることです。
その場合のゲーム会社側の姿勢は、アイテムの返還と、現象が不具合であったとの釈明がほとんどで実際に不正が行われていたのか、いないのかをユーザが知ることはできません。
たとえ不具合であれ、行政指導や罰則の明確化、発覚時には第三者に調査が行われることなどがなければ、このような事態は今後も深刻化していくものと考えています。

また、ゲーム業界はプロゲーマーやYoutuberなど、新型コロナの影響もあり需要の拡大が加速しています。
しかし、これは私の持論ですが、ガチャについては、社会に対して生み出す価値が少なく、ガチャプレイヤーがプロゲーマーになるという未来は想像できません。
国内のゲーム企業やゲームを職業とする方が世界で活躍するチャンスでもありますし、締めるべくところは介入し、ゲーム業界にはより良い作品を出してもらいたいと期待しています。

もちろん国内企業だけでなく、他国から提供されているアプリについても規制を行うべきです。

ページの先頭へ