自治体システム統一仕様は一般公開するのがよいのではないでしょうか by marさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@04893

自治体システム統一仕様は一般公開するのがよいのではないでしょうか

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
marさん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
10ポイント

日経で報道があった「自治体システム、乱立に歯止め 仕様統一へ国が新法」は素晴らしいことだと考えます。
この統一仕様は外部の他者がその仕様で行政システムが作れるレベルで一般に公開すべきだと思います。
公開された仕様で作った行政システムがきちんと連動できることを検証できるべきと考えます。

公開された仕様を元に外部の企業が同一仕様のシステムを作れることにより、今までの御用会社だけでなく、よりよいシステムを作れる外部会社の登用のチャンスにもなります。
仕様がオープンにされることで行政の仕様/決まり事に問題がないか、セキュリティに問題がないかを外部から監査できます。
(仕様がオープンになることでセキュリティが弱くなると思われるかもしれませんが、仕様をオープンにするとセキュリティが弱くなるのは元々セキュリティ設計に問題があります。またセキュリティ層をきちんと分けて、そこ以外を公開するなど)

オープンソースで互換システムを作る方も出てくるかもしれませんし、小規模のものはそれらを流用することでコスト削減も出来ると考えます(保守とセキュリティはコストをかけるべきですので、実運用システムは企業にお金を払ってきちんと保守で入ってもらうべきですが業者の選定の範囲も広がります)

国防関連のシステムはセキュリティ的に除外すべき(軍がかけるコストは計り知れない&万一のリスクが大きすぎる)かもしれませんが、内政のシステムの仕様は第三者が互換システムを作れるレベルで公開すべきだと考えます。

ページの先頭へ