入力→印刷→郵送→届いた紙を見ながらパソコンに打ち直す作業について by 高木泰子さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@05034

入力→印刷→郵送→届いた紙を見ながらパソコンに打ち直す作業について

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
高木泰子さん
投稿日時
コメント数
7コメント
評価P
5ポイント

事業計画書を提出する方式の補助金、助成金のWord利用方法について、
オンライン入力の導入、もしくは計算についてはせめてエクセルを活用して欲しい。

中小企業庁/小規模事業持続化補助金の申請書は入力したのち印刷する事が前提です。

手順としてはWord上に金額をいくつも入力しその後印刷→郵送。
届いた書類はどうなるかというと、それを見ながら事務局スタッフが再度手打ちで数字をパソコンに打ち直すという方法をとっております。(一般型、コロナ型、事業再開枠)

またwordに図形シェイプで丸を作らせ[はい・いいえ]の上に置く方式はデータの取得の観点からも非常に非効率です。

本方式の効率的な運用(せめてエクセル導入)をお願いしたく存じます。

ページの先頭へ