死亡届を以て解約できる法律 Part 2 by 江端浩人さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@05067

死亡届を以て解約できる法律 Part 2

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
江端浩人さん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
4ポイント

Facebookで見つけた投稿 Part 2

My NUmberベースにできれば大丈夫ですね。


ではなくて
マイクロソフトアカウントや
株や金など、資産のアカウント
そのパスワード
ネットバンクのパスワード
サブスクの内容や自動継続のタイミング
定期購入商品のリスト
なんとか見守りサービスとか
老人ビジネスの聞いたこともない契約
こんなの、すべて
わかるように書いて死ぬ人って
居ます??
遺族が一からたどって行ったときに
契約の電話はすぐ取るけど
解約の電話は20分アナウンス流して
自動的に切られます
本当に電話も不自由
家族がJALカード解約したから
安心してたら
JAL会員は終わっても
NICOSは解約されてないとか
ガスを止めたのに
子会社の見守りサービスは
何ヶ月も請求されたり
J:COMを解約するときに
NTTに戻しますか?
このままだとNTTも使えなくなります
と言われて
引っ越し間近だったので
それでいいです、と言ったのに
NTTから何も連絡なく
ずっと請求が来てて
事情を説明してもらちがあかず
請求書は黙って送り続けられてる
なんなんだろう?この社会
私たち遺族になにか
落ち度があるか?
上記の情報を
綺麗に書いておかなかった
父がルーズですか?
父のメモ帳は、それは細かく
いろんなことが書かれてます
それで助かった件も僅かにある

上記のものは
不用意に書けない
これだけネットを使いこなしていた
父だからこそ
その後始末が膨大になっています
本当、これからの
ネット使用者の死は
遺族は地獄ですよ
ネットだけでなく
パスワードがわからないと
本人確認ができないと
解約できません、という
アホのロボットみたいな
冷血コールセンターと
不毛な時間を重ねる虚しさ
昨日から沖縄は冷たい嵐
渡る世間は鬼ばかり
#死者から金を取り続ける企業

ページの先頭へ