官公庁でのRPA活用 by でーあいわいさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@05122

官公庁でのRPA活用

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
でーあいわいさん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
-1ポイント

税理士業の界ではRPAを活用することで人手不足を補ったり低価格でサービス提供する法人がでてきています。
区役所、市役所、警察署、自衛隊、などでもRPA活用されてますでしょうか。生活の中で利用させてもらったりまた実際に働いてきた中での経験ですが、毎回同じ定型業務のようなものも多くあるのではないでしょうか。
RPAベンダーに視察してもらったりRPA活用コンペを開催したりしてRPA活用を促進することで人手不足の解消、ひいては日本の少子化の中で本当に人にしかできない業務、分野に人を集約できます。

私が官公庁で勤めていた時、エルセルのマクロなどの活用の提案でも「そんなことしたら仕事がなるなる」など言う方もいましたが、根本として機械に出来ることは機械にやらせるべきと思います。


もしそれで仕事がなくなっても公務員なのだから他の人手不足の部署、もしくは各官公庁を横断的に人を移動するくらいのダイナミックな改革が必要です。今だけを見るのではなく、長期的視点で日本が疲弊せずに人材を有効活用できるようにしなければいけないと思います。

ページの先頭へ