公立学校のデジタル化推進を楽にする秘策 by 林田さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@05144

公立学校のデジタル化推進を楽にする秘策

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
林田さん
投稿日時
コメント数
7コメント
評価P
5ポイント

これからはIT教育をやる、小学校でIT教育をやる、という話は20年くらい前からありますが、なかなか進みません。

この進みの遅さの原因はずばり、完璧を求めすぎているからだと思います。まずできることから1つ1つやっていくべきです。

まず最初にやるべきことは、全教職員にパソコンを配布することです。そして教職員は、勤怠管理、生徒の成績管理、稟議書や決済の処理、議事録の記録、教材の共有や教員間の情報共有などを、国が作ったクラウドサービスでやるべきです。まずはこれで教員がパソコンに慣れるべきです。

次にやるのは、数学や国語などのオンライン授業化です。そして学校や自治体にサービスの開発を任せず、国が一律でコンテンツを作って配布すべきです。各自治体がバラバラに作っていたらトータルのコストが高くつきます。またコンテンツはウェブで作るべきです。ウェブで作ればパソコンの機種は問わないので調達費が安くなります。

ここまで全部終わったら初めてプログラミングなどの教育に取り掛かります。この順番でやらないと無理が生じて高くつきます。

ページの先頭へ